特集☆サービス付き高齢者向け住宅

ホーム > サービス付き高齢者向け住宅情報 > 少子高齢化とサービス付き高齢者向け住宅

少子高齢化とサービス付き高齢者向け住宅

急速に進んでいる日本の少子高齢化ですが、それに伴って高齢者福祉施設の建設が増えています。
異業種からの参入も増えていて、経済が活性化する要因となっています。
ただ、昔と比べると高齢者福祉施設の様相は大きく変わって来ています。
従来は入院や居住スペースとしての位置付けでしたが、現在ではサービス付き高齢者向け住宅が増えています。
これだと入居者は体調面の心配をする必要がなく、尚且つ食事や洗濯の不安もなくなります。
高級マンションのような造りになっていますし、過ごし易い環境が整備されています。
年間を通して色々なイベントが企画されていて、入居者同士のコミュニケーションを形成することが出来ます。
70代を超えていても、人生はまだまだこれからです。
新たな人間関係を築いて、幸せを掴めるはずです。


一方で経営者の立場になれば、優秀なスタッフの確保が必須条件になります。
とりわけ鍵を握るのが、医師や看護師だと言われています。
高齢者はいつ何時体調が悪くなるか分かりませんし、24時間体制で見守ることが求められます。
十分な数のスタッフを確保して、安定経営を目指すべきです。
介護福祉士やケアマネジャーも同様で、常に相談に応じられる体制を整えておくべきです。
入居希望者にとっては、費用の問題が大きいと言われています。
通常の老人ホームに比べると割高になりますし、若いうちに蓄えを作っておくと良いでしょう。
アパートやマンションでの一人暮らしに比べると、快適で楽しく過ごせるのがサービス付き高齢者向け住宅です。
人気の住宅になると抽選も予想されていますし、複数をピックアップしておくと良いでしょう。


今から十年後には、約四人に一人が65歳以上になると言われています。
もちろん、人口減少も確実に進みます。
外国人労働者の受け入れも含めて、国は高齢者福祉にお金を投じる準備をしています。
私たち国民一人一人も、少なくともある程度の準備をしておくべきです。
健康で身の回りのことを自分で出来ると、サービス付き高齢者向け住宅での暮らしも楽しくなります。
スタッフの負担も減りますし、行動の範囲も広がります。
リハビリスタッフによる老化防止のカリキュラムも組まれていますし、それらに参加をすることでQOLが格段に上がります。
子どもや孫に負担をかけずに済みますし、努力目標を掲げて頑張ることが大切です。
サービス付き高齢者向け住宅は、これからの日本を支える希望の光です。
皆で盛り立てて行くべきです。

カテゴリー