特集☆サービス付き高齢者向け住宅

ホーム > サービス付き高齢者向け住宅情報 > サービス付き高齢者向け住宅とはどんな所か

サービス付き高齢者向け住宅とはどんな所か

今や様々な高齢者向けの施設や住居の形がありますが、サービス付き高齢者向け住宅という形態も増加傾向にあります。
サービス付き高齢者向け住宅の定義は、高齢者住まい法という法律の改正により創設された住宅の形です。
介護・医療のプロと連携し、高齢者が物理的・精神的に安心出来るようなサービスを提供され、バリアフリー構造がなされている住宅の事を言います。
安心して過ごせる部屋の広さやバリアフリー等の設備面の充実、さらにはメンタルケアの専門家によるカウンセリングや安否確認サービスがある等といった点をクリアしていなければサービス付き高齢者向け住宅を名乗る事は出来ません。
さらに、自治体によって登録基準や申請時に提出しなければならない書類が違ってきます。
そのような厳しい基準を満たしたものがサービス付き高齢者向け住宅になります。


では、サービス付き高齢者向け住宅では具体的にどのようなサービス内容を受けられるのでしょうか。
基本的に受けられるのは安否確認と生活相談になります。
この相談を受けたり安否確認をしてくれるのは医療や介護に関しての資格を持つプロによるものなので、部屋で起きた事等を心置きなく相談したり出来ます。
それ以外のサービス内容は、そのサービス付き高齢者向け住宅が一般形か介護型かにより異なります。
一般型は必要なサービスを入居者自身が住宅と別の事業者を選び契約する形になります。
対して介護型の所であれば食事等の日常支援やリハビリ等の医療行為、レクリエーション等の交流等をその住宅のスタッフから直に受ける事が出来ます。
自分の症状やニーズに応じて入居するサービス付き高齢者向け住宅を選ぶと良いでしょう。


そんなサービス付き高齢者向け住宅の入居には条件があります。
60歳以上の人か、60歳未満の方でも要介護者認定を受けた人であれば入居が可能です。
それに加えて入居条件を満たしている人の配偶者、60歳以上の親族や要支援・要介護認定を受けている親族等が同居可能になります。
その他、住宅によってはある程度自分で日常生活を行う事が出来る、認知症にかかっていない等の条件がある所もあるので必ずチェックしておきましょう。
ただ、認知症等の比較的重い症状を持っていても介護型の所であれば対応が可能です。
そして、入居の際には連帯保証人か身元引受人を必要とする場合がほとんどのようです。
もし、そのような人を見つけられない場合はそうした人向けの家賃債務保証制度を利用する方法があるのでそちらを利用しましょう。

次の記事へ

カテゴリー